空気がきれいな時は、天井面に青い光を表示(資料:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]
フィルターでほこりや臭い、菌をキャッチする(資料:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは、天井設置タイプの発光ダイオード(LED)シーリングライト一体型空気清浄機「天井空清 FP-AT3」を2018年1月20日に発売する。

 12畳相当の広さに対応しており、リビングの天井などに照明器具として設置できる。0.3μm(マイクロメートル)の微小な粒子を99.97%以上集じんする。フィルターは脱臭機能も備えており、ほこりだけでなく臭いも吸収する。またウイルスの作用を抑制する高濃度プラズマクラスターも搭載している。

 部屋が狭く、空気清浄機の置き場に困るというユーザーの声に応えて開発した。天井に取り付けるので電源コードが邪魔にならず、子どもやペットがぶつかったり、ロボット掃除機の邪魔になったりすることがない。本体上面には、部屋の空気の汚れ具合を光の色で示す「きれいモニター」を搭載している。

 LED照明の調光は10段階。調色は寒色から暖色までの10段階に加え、「八重桜」「ソメイヨシノ」のさくら色2色を備えている。

 オープン価格。

問い合わせ先:シャープ
電話:0120-078-178
URL:http://www.sharp.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード