天然木の不燃板シートを貼ったパネルヒーター(資料:エキップ)
[画像のクリックで拡大表示]
設置例(資料:エキップ)
[画像のクリックで拡大表示]
設置例(資料:エキップ)
[画像のクリックで拡大表示]

 エキップは、カウンターの足元などに設置するパネルヒーター「暖(あった)カウンター」に、天然銘木の不燃板シートを使った新シリーズ「THE WOOD」を加え、2017年11月1日から販売を開始した。

 飲食店のカウンター下など足元の寒さが気になる場所の壁面に取り付ける。面状の発熱パネルから遠赤外線の放射熱を発し、足元のスペース全体を暖める。

 従来品の「暖カウンター」は、主として硬質塩ビシートを使っていたが、「THE WOOD」では、国産のスギやヒノキ、北米産のウォールナットやオークなど30種類以上の天然木の化粧不燃板シートをラインアップした。

 サイズは、通常カウンター版が高さ513×幅600または900mm、掘りこたつにも使えるコンパクト版が高さ363×幅600または900mm。いずれも必要な設置幅まで連結できる。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:エキップ
電話:0120-501-810
URL:http://www.attaco.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード