電池寿命は約10年(資料:ホーチキ)
[画像のクリックで拡大表示]
重さは約100gと軽量(資料:ホーチキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホーチキは、誤報を減らす住宅用火災警報器「SS -2LTシリーズ」を2017年11月7日に発売した。

 「SS-2LTシリーズ」は、誤報を低減するために学習機能を搭載した。日常生活のタバコや調理などで発生する一過性の煙を、環境データとして学習する。各部屋の環境データに合わせて、火災と判断するまでの待機時間を調整し、火災による煙を的確に認識する。

 警報音は約90dB/mの大音量。音声メッセージもクリアに出力する。

 煙感知部の内部にほこりなどの汚れが付着して感度に変化が生じた場合に、自動的に適正な感度に補正する感度補正機能を搭載した。

 デザインは凸凹のないフラットな形状だ。煙感知部分をコンパクト化し、機器内部に収納した。外形寸法は、幅94.5×高さ94.5×奥行き27.5mm。

 オープン価格。

問い合わせ先:ホーチキ
電話:0800-919-7012
URL:www.hochiki.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード