有効成分DOTが5%配合されている(資料:日本ボレイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ボレイトは、防蟻効果が長期間持続するホウ酸防蟻気密シーリング材「ボレイトシール」を2015年11月2日に発売した。

 現時点で、防蟻シーリング材は、主に合成殺虫剤を有効成分とする製品が主流だ。ただ、合成殺虫剤は防蟻効果の持続期間が短く、シリコン系のシーリング材は経年劣化によって硬化して剥離するおそれがある。

 「ボレイトシール」は、防蟻成分としてホウ酸木材保存剤DOT(八ホウ酸二ナトリウム四水和物)を配合することで、長期間持続する防蟻効果や、シーリング材の内部が処理部のズレに追従する効果が見込める。

 主な使用箇所は、基礎コンクリート部のシロアリ侵入経路となる隙間だ。配管部や水抜き穴、セパレート金具の隙間への充填をはじめ、土台と基礎の間やパネルへの気密処理などに利用できる。

 参考設計価格は、1800円/本(330mL)で、10本入り/箱(税と送料は別)。

問い合わせ先:日本ボレイト
電話:03-6659-5785
URL: http://borate.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード