樹種はスギをはじめレッドウッド、ヒノキ、ケヤキがある(資料:シェルター)
[画像のクリックで拡大表示]
三層構造で耐火性を高めている(資料:シェルター)
[画像のクリックで拡大表示]
右から円柱、エンタシス、フルーティング、フルーティングを施したエンタシス(資料:シェルター)
[画像のクリックで拡大表示]

 シェルターは、1時間・2時間耐火で国土交通大臣認定を取得した木質耐火部材「COOL WOOD 丸柱」を2017年11月16日に発売した。

 「COOL WOOD 丸柱」は、中心部の木材、中間の燃え止まり層となる石こうボード、外側を覆う木材の3層構造で耐火性能を高めている。耐火性能は、1時間と2時間の2種類がある。

 防火地域において丸柱を使う頻度が高い寺社仏閣のほか、公共施設や商業施設での使用に適している。

 デザインは円柱のほかに、緩やかな膨らみのあるエンタシス、表面の縦溝加工を施したフルーティングなどが可能だ。エンタシスやフルーティングは加工が複雑であるため、同社が導入したスイス製の三次元加工機で製造する。

 価格については、要問い合わせ。

問い合わせ先:シェルター
電話:023-647-5200
URL:http://www.shelter.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード