「EXIMA37」たてすべり出し窓の断面図(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
ホテルの施工イメージ(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
病院の施工イメージ(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、断熱等級H-6のビル用樹脂窓「EXIMA37」と「EXIMA77」を2017年11月15日に発売した。

 H-6等級とは、JIS基準最高グレードの断熱性能を示すもので、熱貫流率は1.90W/(m2・K)以下。熱伝導率が低い樹脂製フレームにLow-E複層ガラスを組み合わせることで、高い断熱性能を実現した。

 窓辺の冷気を遮断して室温を快適に保つので、冷暖房の消費エネルギーを削減できる。断熱性の低い窓辺で発生する下降冷気(コールドドラフト現象)を抑制し、足元も暖かい状態にする。また、寒い冬でも窓の表面温度があまり下がらないので、結露の発生を抑制する。

 「EXIMA77」は引き違い窓、片引き窓などスライディング系の窓種をそろえたシリーズ、「EXIMA37」はたてすべり出し窓、外倒し窓など室外に向けて開くタイプの窓種を主にそろえたシリーズ。内観色はホワイト、外観色はホワイトと、アルミ製窓との併用を考慮したステンカラーも用意している。

 参考価格は、幅1800×高さ2000mm以内の引き違い窓で、内外共ホワイトが11万7200円(税、ガラス代、組み立て施工費は別)。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-72-4134
URL:http://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード