太陽光発電システムで発電した余剰電力の有効活用ができる「ソーラーチャージ機能」も搭載した(資料:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
台所リモコン。使用頻度の高い機能のみを表示する「シンプル画面」に切り替えることができる(資料:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、電気料金プランに応じて設定方法を選択できる「家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機『エコキュート』」を2017年11月26日に発売する。

 2016年4月から始まった電力小売全面自由化によって、電気料金プランが多様になった。この製品は、電力小売全面自由化以前の電気料金プランはもちろん、以降の新電気料金プランだけでなく、今後新たなプランが新設されても、簡単な設定をするだけで対応することができる。

 一部の電気料金プランで採用されている実量制契約に効率よく対応するため、使用電力のピークを低減する3つの新機能も搭載した。各家庭のライフスタイルに合わせて設定することができる。実量制契約では、過去1年間、30分単位で計量した使用電力のピーク電力が毎月の基本料金の基盤となるため、ピーク電力を低減することが基本料金を下げることにつながる。

 リモコンは使いやすさに配慮し、操作が煩雑になりがちな「メニュー画面」を、よく使用する機能のみが表示される「シンプル画面」に切り替えることができるようにした。設定後は、分かりやすい画面で簡単に操作することができる。

 価格は、108万6000円(JPシリーズ、HE-JPU37JXS)、別売りリモコン4万8000円(HE-RXFJW)。共に税と工事費は別。

問い合わせ先:パナソニック
電話:0120-878-709
URL:https://www.panasonic.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード