カールーフタイプの施工例(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]

 三協立山は、サイドパネルと屋根枠材を組み合わせてフラットな空間を実現した多目的ルーフ「アトラード」を2017年10月2日に発売した。

 屋根をフレームの下に配置し、屋根下から梁の見えないフラットなルーフ空間を実現した。天井材はラミネートアルミ形材を使用した木目調。屋根の構造材には、0.8mm厚のガルバリウム折板を使用している。

 サイドパネルは柱の間に取り付ける。たて格子、ミストグリーンの合わせガラス、かすみ調のポリカーボネートの3種類から選択する。

 強風に耐える設計で、耐風圧強度は46m/秒相当。耐積雪量は約150cm相当で、積雪が多い地域にも対応できる。

 カールーフタイプのほか、ガーデンテラスや公共のスペースルーフなどに使用できるマルチルーフタイプがある。

 参考価格は、カールーフタイプの間口5830×奥行5500×高さ2500mmが277万8100円(税、搬入費、組み立て費、取り付け費等は別)。

問い合わせ先:三協立山
電話:0766-20-2261
URL:http://www.st-grp.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード