施工例。リビングにもフィットする(資料:矢田)
[画像のクリックで拡大表示]
小梅(資料:矢田)
[画像のクリックで拡大表示]
竹(資料:矢田)
[画像のクリックで拡大表示]

 矢田は、京都の友禅染の原図を、最新デジタルプリント技術で再現したカーテン「irohana(いろはな)」を2016年10月14日に発売した。

 カーテンは西洋由来のため、これまで和の伝統をモチーフにしたデザインはほとんどみられなかった。したがって和風のカーテンといえば、ほとんどが和室のためのデザインだった。

 「irohana」は、デジタルプリント技術を活用することで、日本の伝統美である友禅染のテキスタイルや着物のデザインをカーテン生地に再現した。新感覚の和風テイストは、和室はもちろんのこと、リビングや洋寝室、ホテルなどにも向いている。すべて遮光2級以上(JIS規格)の機能つき。

 小梅や竹、扇といった日本独特のモチーフを中心に、11柄33カラーをラインアップした。

 価格は税別で、2万円(幅210×丈250cmまで)。同社が展開するオーダーカーテン専門店「カーテンファクトリー」で取り扱っている。

問い合わせ先:矢田
電話:044-822-2682
URL: http://www.yada.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード