色はグラデーションブラウンのほかにグラデーションシャンパンがある(資料:日立アプライアンス)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立アプライアンスは、従来品の加湿空気清浄機において、ホコリがたまる前にプレフィルターを自動で掃除する独自の「自動おそうじ」機構を進化させ、さらに清潔性を高めた加湿空気清浄機「自動おそうじ クリエア」EP-MVG110を2016年10月22日に発売した。

 「自動おそうじ」機構は、本体背面パネルに装備した「自動おそうじユニット」が、ステンレスコーティングしたプレフィルターに沿って上下に動きながら、ブラシで表面のホコリを取り除くものだ。

 「自動おそうじ クリエア」EP-MVG110は、ブラシを抗菌仕様とすることで細菌の増殖を抑え、さらに清潔になった。ブラシが取ったホコリは抗菌仕様のダストボックスに送られる。ブラシとダストボックスは水洗いができる。

 従来品と同様、「ワイドスピード集じん」により、集じん性能は適用床面積2~48畳(空気清浄運転時)とし、8畳の部屋ならわずか6分の短時間で部屋の空気をきれいにする。また、多層構造で高性能な「アレルオフ微細じんHEPAフィルター」と、耐水性脱臭素材を使用した「洗える脱臭フィルター」を採用している。空気清浄機本体で「PM2.5」にも対応する。これらにより、さまざまな空気の汚れやニオイをキャッチする。

 オープン価格。本体寸法は、高さ673×幅360×奥行291mm。重さ13.4kg。

問い合わせ先:日立アプライアンス
電話:0120-3121-11
URL: http://www.hitachi-ap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード