施工部位に合わせて粘度を4段階に設定している(資料:田島ルーフィング)
[画像のクリックで拡大表示]

 田島ルーフィングは、安全性と環境に配慮したウレタン塗膜防水材「オルタックエース」を2017年9月21日に発売した。

 ウレタン塗膜防水材は、複雑な形状によくなじみ、塗り広げることで、シームレスな連続被膜を形成するという利点がある一方、溶剤臭が鼻につくなど、施工時における問題点が指摘されていた。

 「オルタックエース」は、現場の施工環境の改善や、近隣へ与える影響の低減に配慮し、プライマーからトップコートまで、シリーズすべてを特定化学物質障害予防規則(特化則)非該当商品とした。特定化学物質障害予防規則とは、労働安全衛生法のもと、労働者が化学物質による健康障害を受けることを予防する目的で制定された規則だ。さらにシックハウス(室内空気汚染)の原因として指定されている物質も含有していない。

 環境対策を講じると同時に、性能もアップした。鉛フリーの新配合により、耐熱性と耐久性が飛躍的に向上した。防水層が高温になる断熱材上の過酷な条件でも、長期に安定した性能を維持する。

 施工精度を上げるために、主剤と硬化剤の混合状態の可視化も実現した。主剤と硬化剤をともに着色することで、混合状態が一目瞭然。いかなる現場環境でも混合不良のない高品質なウレタン塗膜防水層を形成することができる。

 これまで仲介用プライマーの塗布済み部分が識別しづらいという問題点があったが、仲介用プライマーを着色化することで、この問題を解消した。

 価格は税別で、1万3200円(1m2当たり、材工共、仕様番号OATW-3Aの平面部の場合)。

問い合わせ先:田島ルーフィング
電話:03-6837-8888
URL:https://www.tajima.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード