施工例。防音ドアも組み込める(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
商業施設の屋上に設置した空調設備への設置例(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
D-20の構造詳細図(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]

 エービーシー商会は、吸音材「e・wool(イーウール)」を使った屋外用の高性能防音壁「e・woo(イーウール)防音パネル」を販売している。

 空調設備の室外機や駐車場の騒音、非常用の発電機の音などが近隣とのトラブルの元にならないように防音対策を施すケースが増えている。最近では、建物の設計段階から空調設備などの防音を考慮に入れることも多い。

 「e・wool防音パネル」は、吸音材「e・wool」を角波折板とパンチングメタルの面材で挟み、防振用のゴムを配した防音壁だ(D-20、D-30のみ)。吸音、遮音、防振に優れた各部材が総合的に音の振動エネルギーをカットし、防音効果を高める。

 一般的な防音壁にはグラスウールを使うことが多いが、水に弱いというデメリットがある。また機械の振動のような低音は吸音しにくい。一方、「e・wool」はポリエステルの吸音材なので水に強く、外部に設置する防音壁の使用に適する。

 減音量に応じてD-15(約10〜15dB減音)、D-20(約20dB減音)、D-30(約30〜40dB減音)の3タイプがある。D-20とD-30には防音下地材と防音マットを内蔵しており、低音にも高い効果を発揮する。

 高さは最大1800mmまでオーダー可能。どの程度の効果が見込めるかを判断するための騒音シミュレーションも行っている。幅は850mm、厚さはD-15とD-20が65mm、D-30が105mm。

 材料の設計価格は、4万8750円/m2から。工事費は全品番8000円/m2(基礎工事および鉄骨据え付けは別)。

※下の「詳細資料をダウンロード」をクリックすると、「e・wool防音パネル」の特長やカラーバリエーションなどを無料でご覧いただけます。

問い合わせ先:エービーシー商会
電話:0120-011-462
URL:http://www.abc-t.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード