視界を遮ることなく開放的な空間をつくりだすことができる(資料:イトーキ)
[画像のクリックで拡大表示]
ダブルガラスドア(資料:イトーキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 イトーキは、オフィス間仕切りの70mm厚スタンダードパーティション「クレアパート」に「ガラス連装パネルシリーズ」と「ダブルガラスドア」を2016年7月に追加発売した。

 「ガラス連装パネルシリーズ」は、既存製品と比較して、ガラス同士が連続する目地部分のデザイン性が大幅に向上したガラスパーティションだ。透明度の高いポリカーボネートの目地を介して、ガラスのみで連続構成が可能なため、視界を遮ることなく間仕切ることが可能だ。ガラスが二重のため、静かな空間が保たれる。

 より静音性を求める場合には「遮音仕様」で、視線を遮りたい場合には「ブラインド内蔵」で対応することができる。

 「ダブルガラスドア」は、各ガラスパーティションにマッチするガラス建具。サイズは最大W1100×H3000mmまで可能で、有効開口900mm以上を確保している。標準仕様のほかに電気錠仕様も用意した。

 設計価格(材工共、税別)は、ダブルガラス連装パネルが8万2300円/m2、ダブルガラスドア(標準仕様)が98万円/箇所。

問い合わせ先:イトーキ
電話:0120-164177
URL: http://www.itoki.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード