両開きタイプ(資料:文化シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]

 文化シヤッターは、大規模震災で防火戸の枠が変形しても閉鎖する大変形追従随時閉鎖型防火戸「アスコード」を2017年9月20日に発売した。

 大規模な地震の際には、建物や壁が斜めになることで防火戸の枠も斜めに変形し、枠や床に扉の先が当たって閉まらない事態が発生する場合がある。「アスコード」は、建物の層間変形角が90分の1(瞬間最大60分の1)以内であれば扉が閉鎖し、防火性能を維持して避難経路を確保することができる。

 扉が上枠と干渉することなく閉鎖するようヒンジの軸の長さを伸ばし、扉と上枠の隙間(クリアランス)を従来品の5mmから15mmに拡大した。また、床面と干渉しないように、扉の下部に建物の変形に合わせて上下に動く吊木を取り付けた。平常時に扉と扉が収納されている壁を連結している電磁レリーズ(防火戸用自動閉鎖装置)は、建物の変形に合わせて上下に可動する「上下変位吸収機構」を備えており、火災時の扉の閉鎖不良を防ぐ。

 製作範囲は、片開きタイプが間口900×高さ1800mmから間口1400×高さ3000mmまで。両開きタイプが1800×高さ1800mmから間口2800×高さ3000mmまで。

 参考価格は、間口900×高さ2400mmの場合、59万2000円(税、取り付け工事費、運搬費は別)。

問い合わせ先:文化シヤッター
電話:03-5844-7111
URL:http://www.bunka-s.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード