アルミ箔面材で遮熱効果も期待できる(資料:アキレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 アキレスは、一般用断熱材のなかでも高水準の断熱性を持つ熱伝導率0.018W/(m・K)の硬質ウレタンフォーム断熱材「ジーワンボード(Z1ボード)」を、2017年10月30日に販売する。

 昨今、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)やHEAT20など高断熱性能住宅が注目されるとともに、住宅用断熱材にも一層の高性能化が求められてきている。HEAT20とは、2009年に発足した「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称だ。

 「ジーワンボード(Z1ボード)」は熱伝導率0.018W/(m・K)という高い断熱性により、従来の高性能ウレタン断熱材よりも薄い厚さで同等性能を達成する。規格は厚さ20、25、30、35、40、45、50mmと幅広い。ただし、厚さ45mmと50mmの出荷は 2017年12月1日以降となっている。

 アルミ箔面材を採用していることから高い赤外線反射率があり、夏季の遮熱にも効果的だ。

 設計価格は税別で、50mm厚が8500円/枚、20mm厚が4600円/枚(寸法は共に910mm×1820mm)。

問い合わせ先:アキレス
電話:03-5338-9544
URL:https://www.achilles.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード