ハンギングライト(資料:スワン電器)
[画像のクリックで拡大表示]
ジャーライト(資料:スワン電器)
[画像のクリックで拡大表示]

 スワン電器は、電球で植物を照らすイメージを演出できるLED照明「BOTANIC SERIES (ボタニック・シリーズ)」を2016年10月1日に発売する。

 ハンギングライトの中やガラスジャー状のテーブルライトの中に、フェイクグリーンというイミテーションの植物を入れて照らし出すインテリア照明のシリーズだ。白熱灯と違って熱を持たないLED電球を使用しているので、間近でグリーンを照らし出す演出が可能になった。ただし水分を含むものを入れることはできない。

 「ハンギングライト」は結ぶことで長さを調整できるロープソケットで吊るす。「ジャーライト」は食材保存用に使われてきたガラス瓶をテーブルライトにしたもの。USB対応、ACアダプター付きなのでデスクまわりでも使える。その他、人の気配で点灯するセンサーを備えた「フレームセンサーライト」や、ワインボトルの形をした「ドランカー」もラインアップしている。

 価格(税別)は、ハンギングライトのLサイズが1万3800円、Mサイズが1万2800円、ジャーライトは7800円と8800円。

問い合わせ先:スワン電器
電話:03-6427-4988
URL:http://www.slimac.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード