オープンタイプ施工例(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]
ハーフユニット(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXILは、コンパクト仕様の「ミニキッチン」をフルモデルチェンジし、座った状態でも作業しやすい「オープンタイプ」やコンロなしの「ハーフユニット」などを加えて2016年9月1日に発売した。

 サービス付き高齢者向け住宅やオフィスなどに対応するバリエーションを拡大した。「オープンタイプ」は間口の狭いキッチンを採用することが多いサービス付き高齢者向け住宅向けを意識し、間口90cm、105cm、120cmを用意した。椅子に座ったままでも作業しやすいように足元にスペースを残し、前後左右に移動する際に便利なサポートバーを取り付けた。シンクも深さ約12cmの浅型を採用し、座った姿勢でも手元を確認しやすくした。

 「オープンタイプ」と従来からラインアップしている「スタンダード冷蔵庫タイプ/扉タイプ」は、オフィス向けに下台のみ、コンロなしでも設置できる「ハーフユニット」を新たな選択肢として加えた。

 その他、45リットルのコンパクトな冷蔵庫が付いた「冷蔵庫タイプ」、下台が全て収納スペースになっている「扉タイプ」、飲料用の熱湯と洗い物用の適温出湯ができる「飲料用電気温水器タイプ」をラインアップしている。

 参考価格(税、搬入費、取り付け費、設置費などは別)は、フルユニットの「オープンタイプ」(間口90cm、100ボルト電気コンロ付き)が18万9500円から、「スタンダード扉タイプ」の「ハーフユニット」(間口90cm、コンロなし)が9万7000円から。

問い合わせ先:LIXIL
電話:0120-190-521
URL:http://www.lixil.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード