施工例(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
樹脂製なので地震の複雑な動きにも対応できる(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
振動台可動実験の様子。加振実験を行い、性能の高さを証明した(資料:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]

 エービーシー商会は、樹脂製のエキスパンションジョイントカバー「アーキウェイブ Eシリーズ」を販売している。

 建物と建物の接合部を覆うエキスパンションジョイントカバーは金属製が一般的だ。それに対し「アーキウェイブ Eシリーズ」は、米国エクソンモービル社のエラストマー樹脂「サントプレーン」を採用する。引っ張りや伸びに強く、耐候性に優れた屋外使用に耐える樹脂素材だ。

 地震が起こった時、金属製のエキスパンションジョイントカバーは振動による複雑な動きに対応できず、動作不能に陥ったり、破損して脱落したりすることがある。柔軟性があり軽量な「アーキウェイブ Eシリーズ」は、クリアランス内で全方向に50%可動し、脱落などによる二次災害のリスクが低い。また地震の後でも機能を保ち、補修の手間を軽減する。

 納まりがすっきりして目立たないことから設計者に評価されている。金属製の場合、幅150mmのクリアランスを確保するための製品幅は270mmになるが、「アーキウェイブ Eシリーズ」はクリアランス幅150mmの内部に納めることができる。

 2016年には振動台可動実験を行い、免震構造用エキスパンションジョイントカバーの最上級の性能指標であるA種加振実験をクリアした。災害時の避難場所になることが想定される建物の耐震天井や特定天井のスリットのカバー材としても利用できる。

 色はモスブラック、アイボリーホワイト、アッシュブロンド、トープグレイの4色。

 材工設計価格(税別)は、モスブラックが2万7200円/mから。

※下の「詳細資料をダウンロード」をクリックすると、「アーキウェイブ Eシリーズ」の特長やカラーバリエーションなどを無料でご覧いただけます。

問い合わせ先:エービーシー商会
電話:03-3507-7194
URL : http://www.abc-t.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード