両開きスチールタイプ(資料:文化シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]
片開きステンレスタイプ(資料:文化シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]

 文化シヤッターは、止水ドア「アクアード」に広い開口部に対応した「両開きスチールタイプ」と塩害を受けてもさびにくい「片開きステンレスタイプ」を追加し、2016年9月1日に発売した。いずれも浸水高さ3mの水圧荷重に耐えられる。

 「アクアード」は、ゲリラ豪雨などによる浸水対策として、ビルや店舗、工場などの通用口に設置する止水用のドアだ。通常は一般的なスチールドアと同様に開閉でき、非常時には扉に装備している「止水グレモン」を引き上げるなどの簡単な操作で浸水対策ができる。

 「両開きスチールタイプ」は、機械室やサーバー室の出入口など広い開口部に対応する。設計範囲は幅1200〜2400mm、高さ1500〜2400mm。

 「片開きステンレスタイプ」は、港湾施設など塩害が生じる場所でもさびにくい。設計範囲は幅600〜1200mm、高さ1500〜2400mm。

 参考価格は、幅1800×高さ2100mmの両開きスチールタイプが238万7000円、幅900×高さ2100mmの片開きステンレスタイプが164万1000円(いずれも税、取り付け工事費、運搬費は別)。

問い合わせ先:文化シヤッター
電話:03-5844-7111
URL : http://www.bunka-s.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード