外観と内部構造(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]
外周警戒のイメージ図(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプテックスは、外周警戒用侵入検知センサー「SL(スマートライン)シリーズ」9機種を2016年9月1日に発売した。

 建物や敷地の外周に沿って設置し、センサーが侵入者を検知すると直ちに警備会社や監視センターに通知する。不審者を早期に発見し、犯罪を未然に防ぐ「事前抑止」という考え方を取り入れたセンサーだ。

 屋外にセンサーを設置する場合、雨や雪、風などの自然環境の変化や、小動物、草木の揺れなどによる誤作動が起こりがちだ。「SLシリーズ」は、霧の発生など周囲の環境が変化しても、状況に応じて自動的に投光量を調整し、侵入者を確実に検知する。また、上下に4段のビームを最適な距離で配置することで、鳥や小動物による誤作動を低減し、人を確実に検知する「4段ビーム同時遮断検知機能」も備えている。

 価格(税別)は、汎用モデルのSL-60QN(J)が4万5000円から。

問い合わせ先:オプテックス
電話:077-579-8004
URL:http://www.optex.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード