ヒノキ(資料:平川木材工業)
[画像のクリックで拡大表示]
サクラ(資料:平川木材工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 平川木材工業は、犬が滑りにくく、足腰に負担が掛からない「犬床(いぬゆか)」の販売を2016年4月30日に開始した。

 室内で犬を飼う場合、木質フローリングでは犬の足がツルツルと滑り、足腰に負担を掛けることが多い。ときには、馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)や膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)などといった疾患を引き起こす。

 「犬床」は、「滑りにくい」「ささくれない」「毛がたまりにくい」「おしっこに強い」「ノミ・ダニが発育しにくい」といった性能を備えた木質フローリングだ。ペットケア・アドバイザー(愛玩動物飼養管理士)が監修した。

 特に、滑りにくさについては、独自の塗装によって実現した。摩擦係数実験データによると、一般的なUV塗装の摩擦係数が約0.2に対して、犬床の塗装は約0.4と、約2倍近く滑りにくい。人と犬の両者が快適で安全に生活できる数値だ。防滑効果期間は、表面の塗装膜が極端に擦り減らない限り、室内の住宅レベルであれば約10年が目安となっている。

 価格(税別)は、ヒノキが9650円/m2(寸法1920×108×15mm、16枚入り)、サクラが1万3650円/m2(寸法1920×120×15mm、7枚入り)。

問い合わせ先:平川木材工業
電話:0943-77-3185
URL: http://www.hirakawa-mokuzai.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード