グレーのグラデーション塗装を施している(出所:ルイスポールセン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ルイスポールセンは、シェードの途中が外側に広がる熱気球のようなフォルムのペンダント照明「スィルク」に、新色「モノクローム・グレー」を加え2018年4月に発売する。

 デザインはスウェーデンのクララ・フォン・ツヴァイベルク氏。速度が増すにつれて色や形が溶け合う遊園地の回転木馬からヒントを得た。2016年に発売されたものは、イエローやレッドなどカラフルなラインアップだったが、今回はフォルムを強調し光と影を際立たせる、モノクローム・グレーのグラデーションを採用した。

 シェードの内側には白くマットな塗装が施されており、柔らかく明るい光を直下に放つ。シェードの材質はアルミニウム。頑丈でメンテナンスも容易なので、キッチンやエントランスなどにも向く。

 サイズは、直径150、220、380mmの3種類。E26のLED電球を使用する。

 価格(税別)は、直径150mmが3万5000円、220mmが4万9000円、380mmが7万円。

問い合わせ先:ルイスポールセン ジャパン
電話:03-3586-5341
URL:https://www.louispoulsen.com/jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード