断熱バックアップ材がハゼ内部まで入っている(資料:元旦ビューティ工業)
[画像のクリックで拡大表示]
「元旦内樋」を取り付けた例(資料:元旦ビューティ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 元旦ビューティ工業は、断熱バックアップ材と屋根材を分けて施工できる住宅用横葺き金属屋根「断熱ビューティルーフ2型」の販売を2018年1月11日に開始した。

 防水性能の高い断熱バックアップ材を全て施工してから屋根材を葺くので、工程管理や職人の手配がしやすくなる。断熱バックアップ材は、表面に凸凹があり雨水を効率よく排出する。また、ビスを固定する場所を示してあり、そこには水が入り込まない構造になっている。断熱バックアップ材の施工後、屋根材を葺くまでに何日か空いても、雨水が建物内部に浸入することはない。

 屋根材結合部のハゼは2重で、内部まで断熱材が入る構造になっている。ハゼ内に入る固定用部品の「吊子」はなく、空洞部分が存在しない。強度が増し積雪や施工中の歩行で潰れるリスクが軽減した。断熱効果を高めるとともに、雨音を抑制する効果もある。

 対応勾配は2/10以上。色はブラック、ブラウン、ギングロ、ロクショウの4色。

 価格は要問い合わせ。

問い合わせ先:元旦ビューティ工業
電話:0120-09-49-39
URL : https://www.gantan.co.jp/