天然木から切り出した木目で型取りした(資料:MINO)
[画像のクリックで拡大表示]
バルコニー手すりの施工例(資料:MINO)
[画像のクリックで拡大表示]
狭いデッドスペースを快適なフローリング空間に変えることができる(資料:MINO)
[画像のクリックで拡大表示]

 MINOは、天然木のような質感を持ち、エクステリアでの使用に耐える耐候性・耐久性も備えた複合建築部材「彩木(あやぎ)」を販売している。

 硬質発泡ウレタン樹脂がアルミの芯材を包み込む構造を採用する。表面は天然木から切り出した木目で型取りして凹凸を出し、自然な色むらが出るように丁寧な塗装を施した。一見すると本物の木のようだが、伸縮による割れや反り、ささくれ、カビなどが生じることはなく湿気で腐る心配もない。汚れも付着しにくくメンテナンスの手間もかからない。

 ウレタンは熱容量が小さいので蓄熱しにくく、熱伝導率も低いので素肌で触れても熱さや冷たさをあまり感じない。夏の強い日差しにさらされても、ベランダやデッキなら素足で歩くことができる。表面には耐候性の高いトップコートを塗布しているので、紫外線による色あせもしにくい。

 ガーデンデッキやルーフデッキ、ドア、バルコニー手すり、スクリーンなど活用の範囲は広い。隣家と近接した幅の狭いデッドスペースも、フェンスとデッキを組み合わせてフローリングスペースに変えることができる。バルコニーに置けば防水層を紫外線から守り、下の階に断熱効果をもたらす。

 参考価格は、1800×1000mmのルーフデッキ(縦引き)で‬製品上代6万8100円(税、施工費は別)。

問い合わせ先:MINO
電話:042-700-0099
URL:http://nuan.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード