18Vのリチウムイオンバッテリーを使用する(資料:マキタ)
[画像のクリックで拡大表示]
上向き作業時を考慮した設計で手首への負担を軽減(資料:マキタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 マキタは、充電1回当たりの作業量が向上した「充電式全ネジカッタ SC102D」を2017年12月に発売した。

 全ネジカッターは、商業ビルやオフィスビルの吊り天井、配管、エアコンなどを取り付ける際の支えとなる全ネジの切断作業に使用する工具。「充電式全ネジカッタ SC102D」は18Vのリチウムイオンバッテリーを採用したことで、同社従来品と比べて1充電当たりの作業量が約3.6倍になった。

 ブラシレスモーターの搭載でモーター部分がコンパクトになり、取り回しやすくなった。上向き作業で使われることが多いことを考慮し、手首への負担を軽減する設計になっている。

 サイズは、長さ199×幅103×高さ308mm。重さは3.2kg(バッテリー含む)。

 標準小売価格(税別)は、本体6万2300円。バッテリーと充電器は別売り。

問い合わせ先:マキタ
電話:0566-98-1711
URL:https://www.makita.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード