「シングルパネル」Cタイプの施工例(資料:ニチベイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ニチベイは、バリアフリー仕様の間仕切り「シャレードエスタ」を2018年1月25日に発売した。

 上吊り方式で床レールが必要ないので、段差がなく安全に使用できる。新設計の2段ライナーを採用しており、パネルの揺れが少なく、常時、垂直な状態を保てる。

 中間枠のないすっきりしたデザインの「ツインパネル」と、3段仕様で異なるパネルを組み合わせることができる「シングルパネル」をラインアップ。パネルは、アクリル板、MDF(木材チップに合成樹脂を加えて成形した中密度繊維板)のほか、ブラインドを内蔵したものや、ホワイトボード、ミラーなどのバリエーションをそろえている。

 製作可能寸法は、「ツインパネル」が幅700〜950mm、高さ1500〜2800mm。「シングルパネル」が幅700〜1200mm、高さ1500〜2800mm。

 参考価格は、「シングルパネル」Cタイプ、軸吊り仕様4枚割の幅4500×高さ2700mmが50万7400円(税、輸送費、取り付け施工費は別)。

問い合わせ先:ニチベイ
電話:03-3272-2592
URL:https://www.nichi-bei.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード