片引き吊り戸「M3デザイン」(資料:永大産業)
[画像のクリックで拡大表示]
園児向けシューズボックス(資料:永大産業)
[画像のクリックで拡大表示]

 永大産業は、小さな子どもたちの安全と、見守る先生方の使いやすさに配慮した、室内ドアと収納家具「セーフケアプラス 園舎(保育園・幼稚園・認定こども園)施設向け」を2017年12月26日に発売した。

 室内ドアは、ゆっくり閉じるファインモーション機構を採用し、手や指を挟みにくくした。戸先(扉を閉じたとき柱や壁などにあたる面)にも樹脂製パッキンを用いて、指挟みや巻き込みによる事故が起こりにくいようにしている。また、誤って閉じ込められたりすることのないよう、錠の位置を子どもの手の届きにくい高さに設けた。

 シューズボックスやロッカーなどの収納家具は、弾力性のある材料を採用している。角は丸みのあるラインにすることで、ぶつかってもケガをしにくい形にした。

 片引き吊り戸、FF=フラットデザイン(採光部なし)、枠セット、チャイルドロック、枠ガードパーツの場合、価格は28万2700円から(税と施工費は別)。収納家具は、要望に応じて全品特注で生産するため、価格については要問い合わせ。

問い合わせ先:永大産業
電話:0120-685-110
URL:https://www.eidai.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード