2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の起工式が12月11日、神宮外苑の建設予定地で開かれた。白紙撤回となった旧整備計画では15年10月着工のスケジュールだったが、仕切り直しとなり、1年2カ月遅れの着工となった。工期は36カ月。19年11月末の完成を目指し、建設工事がいよいよ本格化する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら