新国立競技場の旧整備計画で、ザハ・ハディド・アーキテクツの東京での担当者として活躍した内山美之氏が、10月から日建設計の設計部門に移籍した。英国の大手設計事務所での経験を買われ、日建設計のグローバル化を促進する「触媒」としての活躍が期待される。日建設計は9月にも豪大手設計事務所バカン社への資本参加を発表するなど、海外ビジネスの拡大に本腰を入れ始めた。移籍の経緯について、内山氏と、彼を日建設計に誘った設計部門副統括の山梨知彦執行役員に話を聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら