「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VRを活用する動きが活発だ。フリーダムアーキテクツデザインは7月26日から、富裕層向けの住宅設計にVRを導入するサービス「社長の邸宅」を開始した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら