大林組は、開口部などの制約を最小限に抑えつつ、汎用木材で準耐火構造用の大断面材をつくる木造技術「オメガウッド・カラムウォール」を開発した。従来の「オメガウッド」より柱の断面幅を大きくしたのが特徴で、開口部の面積を約1.5倍、広く取れるようになった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら