構造材料としての「竹」に関心が集まり始めた。東南アジアでは、恒久建築として用いる取り組みも始まっている。日本にも留学経験のあるベトナムの建築家、ヴォ・チョン・ギア氏(ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ)は、2006年ごろから、竹を構造に用いた建築に取り組んできた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら