4月16日の午後1時少し前、日経アーキテクチュアの江村英哲記者は、熊本県宇土市役所本庁舎に到着した。被害の状況を写真でお伝えする。

宇土市役所本庁舎遠景(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月16日の未明の地震により、4階部分が押しつぶされ、倒壊寸前にも見える。

宇土市役所本庁舎全景(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 宇土市役所本庁舎は、1965年5月の竣工から51年経過して老朽化が著しく、さらに耐震性が問題視されていたことから、新市庁舎の建設検討委員会を設けて検討を行っていた最中だった。

押しつぶされた4階部分(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

建物のコーナー部分(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 江村記者によると、「宇土市役所の撮影中(16日13時ごろ)に大きめの余震あり。揺れに合わせて建物からミシミシと音が響く。強い揺れには持ちこたえられそうにない」とのことだ。