大阪市は2月9日、「(仮称)大阪新美術館」の公募型設計コンペで遠藤克彦建築研究所の提案を最優秀に選んだ。黒い直方体が浮遊するようなシンプルで存在感のある外観や、立体的に配置したエントランスやカフェなどで構成する「パッサージュ」と呼ぶ屋内空間が、美術館の独自性につながると評価した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら