2018年度のZEH支援事業の概要が明らかになった。省エネ性能などを強化したZEH+のほか、日照時間や積雪量などに配慮したNearly ZEH、都市部の狭小地を考慮して太陽光発電システムの搭載を求めないZEH Oriented(仮称)など、新たなラインアップが加わった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら