リニア中央新幹線の建設工事の談合事件を受け、大林組は5月13日、再発防止策を発表した。同業者との接触ルールの厳格化や監視機能の強化、内部通報制度の見直しが柱。2006年に自社で制定した「独占禁止法遵守プログラム」に盛り込む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら