一口にロボットといってもさまざまな種類のものがあるが、建築現場のような環境で物理的な作業ができるロボットについて言えば、「移動搬送型」と「アーム型」という2つに大別できる〔写真1〕。技術的な成熟度や課題、運用上の難易度は、この2つのタイプでかなり異なる。端的に言えば、移動型は構造が単純なこともありロボット工学としては既に成熟している一方、アーム型はまだ課題が多く、使いこなすうえで難易度は高い。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら