巨大な建設機材が並ぶ竹中工務店の西日本機材センターに、ぽつんと小さなロボットがたたずんでいた。耐火被覆工事で床に落ちた材料をかき集める自律走行型清掃ロボット「TO(トゥ)ギャザー」だ〔写真1〕。2017年に実用化した機種を改良し、18年4月からレンタルのニッケンが取り扱いを始めた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら