さびにくいはずのステンレス部品でも、経年劣化は避けられない――。前橋市の温浴施設で発生した内装部材の落下事故について、所有者の市は3月15日、検証結果を公表した。この事故では利用者が顔に15針縫うけがを負った。落下したのは浴室内の高さ7.4mにあったステンレス製の見切り金物で、同じくステンレス製ビスで躯体に接合されていた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら