ある特定の物理世界をコンピューター上に双子のように再現するデジタルツインという考え方がある。製造業分野のシミュレーション技術で、あらかじめモノやその挙動をモデル化して課題を検証する。これが都市にも広がりつつある。例えば国内の先駆けとしては、クリエーティブプロダクションのライゾマティクスが経済産業省のプロジェクトとして進めた「3D City Experience Lab.」がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら