2度目のオリンピック・パラリンピック競技大会を2020年に迎える東京では、途絶えぬ大規模開発が注目を集める。今後、更新を続けつつ都市の様々なストックを「生かし切る」という観点が、より重要になる。五輪招致でクローズアップされたのは五輪レガシーという言葉だ。選手村〔写真1〕をはじめとする巨費を投じて整備する諸施設を、いかに後の世代に引き継げる資産とするか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら