意匠分野の変革の主役が「コンピューター」であることは間違いない。もちろんこれまでも設計にコンピューターは使われてきた。だが、それは人間が複雑な与条件を整理した後で用いる「計算の道具」にすぎなかった。これからのコンピューター活用は、「複雑な与条件を整理させる」あるいは「複雑なまま解決策を導く」使い方へと軸足を移すだろう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら