竹中工務店とJR東日本は共同で、高架橋から吊り下げて建物への振動伝達を防ぐ「吊り免振工法」を改良し、JR京葉線の高架下で完成したホテルに適用した。鉄道高架の柱を基部に用い、防振部材を挟んで建物を吊り下げ、周辺からの振動伝達を抑える。列車が走る振動や騒音が生じる中でも静けさを確保する技術だ。従来より小型化して建物の床面積を増やし、施工も簡略化した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら