建物中央にうがたれた「目」のような形をした巨大アトリウムに、球形のオーディトリアムが浮かび上がる。壁沿いには、天井から床まで階段状に書架が続き、来館者は書棚の横を歩きながら自由に上下階を行き来できる。これは、中国・天津市の浜海新区で2017年10月に開業した「天津浜海図書館」だ。オランダの設計事務所MVRDVと中国の設計事務所、天津都市計画設計研究所の共同体が設計を手掛けた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら