三井不動産レジデンシャル(以下、三井不レジ)が分譲した横浜市のマンション「パークシティLaLa横浜」が基礎杭の施工不良によって全棟建て替えとなった問題で、三井不レジは11月28日付で施工者の三井住友建設、杭工事を行った下請けの日立ハイテクノロジーズ、旭化成建材の3社を相手取り、東京地方裁判所に提訴した。不法行為責任、瑕疵担保責任などに基づいて、総額459億円の損害賠償を請求した。金額の内訳は明らかにしていないが、マンションの建て替え費用、工事期間中の仮住まい費用などを求める。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら