新国立競技場の建設現場で働いていた建設会社社員の過労自殺は、社会に衝撃を与えた。2020年東京五輪へ向けて活気づく建築界だが、負の側面が露わになった格好だ。労働環境に対する社会の目が厳しくなるなか、「働き方改革」が喫緊の課題となった。一方で「五輪後」の変化を見据え、技術・ビジネスの新たな取り組みが本格化している。日経アーキテクチュアが選んだ「2017年の建築界10大ニュース」で、1年間の主な出来事を振り返る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら