今号で、建築基準法における「38条認定」の復活が伝統的構法再現の助けとなった事例を紹介しました。遺構発掘など研究の蓄積によって、文化的に意義のある復元建築が可能になります。着工したばかりの南門は、完成まで5年ほどかかりますが、素屋根越しに工事の様子を見ることができます。旧38条認定建物の増改築が難しい点は変わりありませんが、今後も法改正や条例整備の方針に着目し、ポイントをお伝えしていきたいと思います。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら