環境に配慮した建築とひと言でいっても、大きくは2つに分かれるだろう。風や光を建築に取り込んで積極的に生かしていこうというもの、もう1つは、最新の設備システムを導入し、建物全体の最適化を図るものだ。それぞれの代表例のその後を検証した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら