既存住宅の省エネ化で何から手をつけるか──。松尾設計室の松尾和也代表は、「まずは高効率給湯器への交換」と説く。ほかにも、浴室、窓回りなど、費用対効果が大きい項目を中心に解説する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら