バブル経済崩壊を経て下火となったロボット開発に、建設会社各社が再び注力し始めた。人手不足が顕著な工種を中心に、重労働となる作業や、現場内の清掃・運搬など高度な技能を必要としない作業での活用が目立つ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら